Switchを「ドックなしでテレビ接続+有線LAN」に出来るコレが便利すぎ!写真付きで詳しくレビュー

Switchを「ドックなしでテレビ接続+有線LAN」に出来るコレが便利すぎ!写真付きで詳しくレビュー

皆さんこんにちは!任天堂ゲーム大好きAreiです!私は毎日スマブラやスプラトゥーン、最近で言えばファイアーエムブレムの新作、さらにはマリオメーカーまでプレイするゲーマーなのですが、SwitchはWii Uと比べて良いソフトが多くて楽しい。最高。

ただ一方で、Switchをプレイしていてこんなことを感じたことはないでしょうか?

  • ドックがデカすぎて邪魔すぎる・・
  • Switchは持ち運び楽チンなのにドックのせいで気軽に持ち運べない
  • ドックに入れてるとSwitchがヤケドできるレベルで発熱してるんだが・・

実はコレ、Switchのドックにまつわる、あるあるすぎる悩みなんですね。私も全く同じことを感じていまして、どうにか出来んものかと色々調べ回りました。

そうしたところ、Amazonにて「ドックなしでテレビ接続」が出来る商品を見つけてしまったので、布教するためにレビューしてみることにしました!というわけで、ドックの悩みからおさらばしたい方は、要チェックですよ!

純正ドックはカッコ良いけどめちゃ不便だよね・・

Switchって本体めちゃくちゃ小さくて携帯性が高いのに、それをドックが台無しにしてるよね・・(笑)

最初見た時は「スゲえ・・」と感動したけど・・

確かに、Switchを最初に見た時は、

亜鈴

え、なに?この黒いのにSwitchを差し込むだけで携帯機からテレビで出来るようになるの?めっちゃスゲえやっぱ任天堂は神

と、任天堂信者ぶりを発揮したことを今でも鮮明に覚えていて、実際にSwitchを発売日に入手して、その当日にドックに抜き差ししまくって感動したのを今でも覚えています(これ多分みんな同じことしてるよね)。

ただ、一定期間経って改めてドックについて評価してみると、

亜鈴

なんか・・、邪魔だよね(笑)

と、盛大な手のひら返しをしてしまいました・・。やっぱりSwitch自体が物凄くお手軽に使えるものなので、その分だけドックの野暮ったさが目立ってしまうんですよね。

Switchドック不便あるある

というわけで、Switchドック不便あるあるを愚痴的な感じで聞いてもらえればと思います。

1:デカイ

単純にデカイ。縦横、そして厚み、三次元的に全てデカイ。机の上のスペースが圧迫されるので、スイッチのコンパクトさを見習って下さい。

2:持ち運べない

デカイに関連しますが、形状的にも携帯性に向いておらず、持ち運びが困難。友達の家に持って行きたいって場面でも、ドックを持っていくのが面倒で、結局諦めるなんてことも数えきれず。

3:熱い

ドックに差し込んだSwitchは、どんでもない発熱を起こします。軽くヤケド出来るくらいには発熱し、当然本体内部にかかる負担も増大。特にバッテリーへのダメージが懸念されます。

4:有線LANを直接繋げない

これは人によるかと思いますが、スマブラなどネット環境にシビアなゲームをプレイするとなると、有線LANでネット接続するのがマストです。実際、スマブラのディレクターを務める桜井さんも有線LANでの使用を推奨しているにも関わらず、ドックには有線LANを挿入する場所がない。

1万円近い値段するんだから有線LANくらい繋げるようにして欲しいですね。結果的に、主にスプラトゥーンで「お前回線落ちしてんじゃねえよぉぉぉ」と、阿鼻叫喚することになるのだから・・。

Switchを「ドック無しでテレビ接続+有線LAN」に出来るコレが便利すぎたのでレビューする

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは今回筆者が購入した、Switchを「ドック無しでテレビ接続+有線LAN」に出来る便利グッズについて紹介していきます。

購入したアイテムの写真紹介

まずは購入したアイテムの写真を紹介していきます。今回購入した商品は「innoAura」という名前で、購入場所はAmazon。ということで、日本郵便によるポスト投函で配達が行われました。

innnoAuraの配送パッケージ

それがこれ。まあAmazonなので、いつもの配送と同じで何事もなく配送してくれて何よりです。

innnoAuraパッケージ

この封を破ってパッケージを取り出してみました。それがこちら(夜の室内で撮影したので写真若干暗めで申し訳ありません)。

ちょっとiPhoneのパッケージに似ていますが、しっかりした作りになっていて好感を持てます。

innnoAuraのパッケージ裏側

パッケージ裏側はこんな感じで、英語圏向けの製品であることが伺えますね。ただUSBなどの規格は全て国際準拠なので、グローバルで使えるので安心です。

innnoAuraのパッケージを開封

パッケージの蓋を取ると、一番上に日本語の説明書が置いてありました。

innnoAuraの取扱説明書

それがこれです。日本側の卸売り業者が独自に入れてくれたものだと思いますが、一通り解説すべきことがしっかりされていて、マニュアルとしては最低限の仕事はしてくれている印象。

innoAuraの写真をチェック

そしてマニュアルを取ると、innnoAuraがお目見えです。手に持ってみた写真がこれ。

innnoAuraを手に持ってみた

手のひらにスポッとハマるサイズ感で、ドックと比べたら・・、

innoAuraと純正ドックの大きさ比較

うん、比べるまでもないね(笑)これで本当に代替できるなら、純正ドックデカすぎって話ですよ。

innnoAuraの表面

本体表面はこんな感じ。表面はかなりメタリックで、どこかで見たなぁという既視感が。それがこれでした。

innoAuraはiPadを意識してる

これは筆者のiPadのスペースグレイですが、これとほとんど同じですよね。材質もアルミで同じですし、カラーの感じも一緒。高級感があってGoodです!実はこの商品はMacをはじめとしたPCにも使えるハブなので、Appleユーザーもターゲットにしています(というか当初のターゲットはMacユーザーだったと思います。Switchが出て、Switchにも使えることから人気が出た・・、みたいな)。

innoAuraのポート解説

そしてこれが搭載されているポートの全てで、左から順に、

  • 有線LAN
  • HDMI
  • USB ×2
  • USB TypeC(Switch電源)

このようなポート構成となっています。Switchをプレイする上で必要なポートが一式揃っているので、これさえあればドックの代わりは務まりますよ(USBポートがドックより1つ少ないですが)

innnoAuraの有線LAN挿入口

そしてこれが有線LANのポート。Amazonを見てみると有線LANのポートがないものがちょっと安く販売されているのですが、スマブラやスプラといったネット対戦メインのゲームを行う場合には、この有線LANポートがあった方が良いですからね。もちろん、別途USBタイプの有線LANポートを用意できるのであれば必要ないかもですが、

単純に一体化していて面倒じゃないのはかなり便利ですよ。

innoAuraを実際に使ってみた!

というわけで、大体の写真紹介を終えたところで、ここからはinnnoAuraを実際に使ってみた様子を紹介していきます。といっても使い方は簡単で、

innnoAuraのUSB typec

先端のUSB TypeCのプラグをSwitch下部の充電部分に挿入。そしてそれぞれのポートにケーブルを挿入していくと、

innnoAuraのつなぎ方

こうなります。USBポート2つに挿入しているのは、

  • USB式のヘッドフォン
  • Proコン充電ケーブル

この2つですが、例えばスマブラのゲームキューブコントローラーの接続タップを挿入したりといったこともできるので、2つポートがあるのは汎用性が高くて良いですね。

そして、これで実際に使えるのかという点がやや不安でしたが、

innnoAuraは実際に使えた

ちゃんと使えましたよ!みっちり1時間ほどスプラをプレイしましたが、純正ドックと使用感は一切変わらず、快適そのものでした。むしろ熱問題が改善されるので、スプラプレイ時の処理落ちが若干減った感すらあるかもしれません。

innnoAuraで有線接続できた

また、ホーム画面にて画面右上に有線接続マークがしっかりと出てくれていたので、LANポートの機能も正常に動作してくれることもわかりました。

総じてパーフェクトな品質で、文句が何一つとして出てこないですね。純正ドックと同じクオリティでちゃんと使えて、Switchの強みである携帯性がより活かされる形になるので「純正品より純正品している」ことは明らかでしょう。

というわけで、今回購入した「innoAura」という商品、ドック無しでテレビ接続&有線LAN接続したい方には超おすすめだということが分かりました!

純正ドックいらずにするアイテムは他にもある

というわけで、筆者が今回購入した純正ドックを押し入れの隅に追いやるアイテムを紹介してきましたが、人によっては、

  • 有線LAN機能はいらないからもうちょい安い方が良い
  • USBポートがもっと多い方が良い
  • 他の商品についても知っておきたい

という方のために、筆者が今回の購入に際し候補にあげたいくつかの商品を、簡単に紹介しておきます。備忘録的な感じなので、軽いノリで見てみてください。

コスパを求める方向け

「最新版確認済み」scorel ニンテンドースイッチ ドック HDMI変換アダプター 熱対策/充電/テーブルモード可能 持ち運び便利

余計な機能は求めず、「とりあえずドック代わりになれば良い」という方におすすめなのが、こちらの商品ですね。ドックの代用品として必要な、

  • HDMI
  • USB
  • USB TypeC(Switch電源)

以上3つのポートが用意されていて、さらに最新版での挙動を確認済みということなので、3,000円以下で使えちゃうのが嬉しい。筆者もこれにしようか悩みましたが、USBポートが1つしかないのと、やはり有線LANポートが欲しかったので購入は見送りました。

筆者の場合、スマブラをかなりの頻度でプレイするので、ゲームキューブコントローラーの接続タップを挿入するためにUSBポートが二つ必要ですからね。逆に言えば、このような用途がなく、さらに有線LANポートが不要ならば、この商品で全然OKだと言えるでしょう。

亜鈴

Amazonのカスタマーレビューも高評価連発だから、安心して購入できる商品だと見て問題ないだろう。

USBポートが多数欲しい方向け

Nintendo Switch 6 in1 TYPE-C TO HDMI変換アダプター【 USB-Cポート、3つのUSB3.0ポート、4K HDMIポート、 1Gbpsイーサネットポート搭載】SAMSUNG S8、APPLE MACBOOK他対応、ニンテンドースイッチ ドックセットの代わり

筆者が購入した「innoAura」という商品は、USBポートが2つしか用意されていませんでしたが、人によっては「もうちょい欲しいかも」という方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのがこの商品ですね。

USBポートが3つ用意されているので、大体のニーズに対応できるのではないでしょうか?4つ以上になると価格がかなり上がってしまい、普通にUSBハブを買った方が安く上がると思ったので、3つが限度だと思ってくれればOKです。

有線LANポートも用意されていて、これ一個で、

  1. HDMI
  2. USB ×3
  3. TypeC(Switch電源)
  4. 有線LANポート

以上6役をこなしてくれる、かなり本格的なType Cハブとなっています。これならSwitchだけでなく、PCにも十分使えるクオリティとなっているので、汎用性の高さも魅力ですね。

まとめ

というわけで、この記事ではSwitchのドックを使わずに、テレビに接続する商品のレビューを行なってきました。純正ドックは色々弱点が目立つものなので、このような商品を使ってSwitchの使いやすさをカスタマイズしてみてはいかがでしょう?

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です