【体験談】抗うつ薬を飲み始めから8年、ようやく断薬が成功した今思うこと

【体験談】抗うつ薬を飲み始めから8年。ようやく断薬が成功した今思うこと

うつ病になると十中八九医者から処方されるのが抗うつ薬ですが、症状が緩和された後、断薬するのがなかなか難しいという点がネックですよね。この記事をご覧になって頂いた方々も、

  • 断薬がなかなか上手くいかない
  • 断薬の難しさが気になって抗うつ薬を飲めない

こういった不安を抱いているのではないでしょうか?

そしてこの記事の筆者ですが、若干18歳の時から抗うつ薬を飲み始め、早いもので8年もの月日が経過した2018年某日、筆者は断薬に成功しました。

うつ病の方のほとんどは抗うつ薬を服用していると思いますから、筆者のこんな経験も誰かの役に立つかもしれないと思って、この8年を振り返り、今感じていることを書き連ねていこうと思います。

注意
この記事には筆者の個人的見解が多く含まれているので、これが正解というわけではありません。あくまで参考程度に読んでください。

筆者の断薬方法について

まずはじめに、ほとんどの方が気になるであろう、断薬を成功した方法について話していこうと思います。

筆者の薬歴

雄大な自然

まず筆者の薬歴について簡単に説明しておくと、抗うつ薬のNaSSAに分類される「レメロン(一般名:ミルタザピン)」をメインに服用していました。この薬は抗うつ薬の中ではかなり新しい薬で、抗ヒスタミン作用という花粉症薬と同じようなメカニズムで眠気を創出してくれます。一応これは副作用の「傾眠」にもなっているのですが、筆者はこれを期待して主に不眠症への効果を期待していましたね。依存性が高くないのもいい。

あと副作用で過食というものもあって、一番キツかったときには食欲も落ちたりしてたんで、この薬にはかなり助けられました。

抗うつ薬の副作用
抗うつ薬には副作用がつきものだが、意外にもこれが助けになることもある。レメロンの場合は「傾眠・過食」が副作用としてあるわけだが、これが筆者の症状である「不眠・食欲減退」に効果を発揮してくれたというわけだ。もちろん、普通に副作用がキツイこともあるので、要注意。

病院に頼らず完全自己判断

筆者の減薬・断薬方法は完全なる自己判断です。筆者は精神的にキツくなって精神科に行ってから数年で、

亜鈴

もう病院はアテにならないな

と見切りをつけたので、基本的に自分が感じることを最優先にしてきました。

したがって、「あ、そろそろ減薬いけるかも」と思ったら、先生に相談することなく勝手に減薬を行い、「きついなー」と思ったらまた戻す。「いけそう」と思ったら継続するって感じ。結果的にはレメロンを2錠から1、1/2、1/4、1/8という流れで、減薬期間2年ほどで断薬に成功しました。

このような自己判断は基本的にやってはいけないことだとされているので、みなさんは真似しないでください

個人的な経験則ですが、レメロンを半分程度ずつ数カ月にわたって減薬していけば、目立った離脱症状などは出ないんじゃないかなーって思っています。もちろん、一気に飲むのやめたとかはNGなので、あくまで段階的に余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

病院には事後報告

そして、この過程でももちろん病院による指導やアドバイスなどは一切もらっていません。断薬した今も病院に言うつもりもなく、また報告するのもめんどくさいと思っているので、もしかしたらもう行くことはないかも。(追記:現在も処方なしで通っています)

筆者がここまで病院をアテにしない理由は、この8年でうつ病は「自分にしか治せない」という結論に至ったからです。自分の心は自分でも理解できていないのに、他人が理解できると思えなくなってしまったんですよね。。もしかしたらどこかに名医がいて、診療の結果自分のことを全部理解してくれるのかもしれませんが、そんなのを探すよりも自分で少しずつ色々と探っていったほうが良いと思いました。時間もお金もかかるし、てか多分いないしそんな医者。

もちろん、これは個人的な見解ですので、あらかじめご了承ください。

医者との関わりについて
「メンタルヘルスに詳しいオッサン」これが筆者の主治医に対する認識だ。先生だからといって特別ではなく、むしろ彼も私たちと同じ人間であり、気持ちの乗らない日や仕事が面倒に思う日だって絶対にある。こういった前提に立つと、意外にも先生の言葉がすんなり入ってくる。このような他者への認識の変化によるストレス低減も、うつ病改善には必要なことだと感じるのだ。

断薬による症状の再発は今の所ない

また、断薬による症状の再発は今の所ないですね。個人的にはどこからが症状でどこからが普通なのかとか気にしなくなったので、それもあるかもしれませんが、毎日お仕事をこなせるくらいには維持できています。

まあでもいつか再発するかもしれませんし、絶対に再発しないとも全然思っていません。再発したらしたでまた向き合っていけばなんとかなると思いますし、とりあえず毎日を必死に生きていきます。

うつ病と人生
うつ病が大きく改善した今感じることは、「うつ病を完全に治すより、抱えながら生きる方が遥かに簡単だ」ということ。うつ病の症状が強く出ているうちは、「症状を全て治したい」という傾向(完璧主義)が出がちだが、人間はロボットではないので、悪いところの1つや2つある方が自然である。これを前提に置いて毎日を生きれば、自分の症状もどうにか抱えながら生きていける。

断薬が成功した今、思うこと

断薬方法について説明したところで、断薬が成功した今、思うことを喋っていこうと思います。

自分にあった治療法・生き方が見つかってよかった

晴れやかな男性

自分にあった治療法や生き方が見つけられたことは、断薬に大きく貢献してくれました。筆者は3年くらい前まで大学院を休学してニートをやっていましたが、休学した際は、

亜鈴

俺のうつ病はもう治らないし、一生辛いままなんだ・・

という状態でした。そこから色々と苦しみましたが、医者ではなく自分自身でどうにかしたいという思いだけは持っていたので、前々から気になっていた「マインドフルネス」に手を出してみることに。

このマインドフルネスが自分にあっていたようで、今までの「自分の中のイヤな感情や考えは全部変えなければいけない」という神経症的な性格がみるみる、マインドフルネスの「なんでも受け入れる」という中心概念に溶けていき、それに従って症状も落ち着いてきました。

なお、マインドフルネスを含めた「うつ病の代表的な治療法」について、筆者の経験談を交えて解説させて頂いた記事がこちらになるので、薬物療法以外の皆さんに合った治療法を見つけてみてはいかがでしょうか?

【うつブログ】代表的なうつ病治療法を経験談込みで丁寧に解説してみた【うつブログ】うつ病の治療は自分にあったものを。経験を交えた治療法解説

気合いを入れすぎて非常にボリューミーな記事となっていますが、筆者の経験をフルに活かした記事となっています。読んでいただければ嬉しいです!

普通の人生を諦めた

また、症状の改善に付随して「俺には普通の人生は無理だな」と思うようにもなってきたんです。筆者は大学院を休学してニートをしていましたが、心にずっと「大学戻って就活して働かないと」という気持ちがつっかかっていたんですよね。ですが、絶望に絶望を重ね、自分の人生に対して諦めがついた結果、

亜鈴

こんな生き方は自分には無理だ。諦めよーっと

と、ルンルン気分で大学院に退学届けを出しにいきました。

で、「フリーライターに俺はなる!」みたいな軽いノリで一人暮らしを始めたら、なんか知らないけど人生充実してきました。普通の人生を諦めてもう幸せにはなれないことを悟ったんですが、どういうわけか幸せを感じることができています。

とまあこんな感じで、色々とうまくいってきて必然的に薬が必要なくなってきたみたいな、そんな感じです。やはりうつ病を経て、新しい自分になる的な側面はどこかで必要かもしれません。

追記:2019.01.25

フリーのWebライターとして活動することを決意してから、早いもので1年半経過しました。色々と大変なことが多かったですがコツコツ取り組んだ結果、今では「月15万円」という収入を得ることができています。

この金額をどう見るかはそれぞれですが、

  • 経験値0
  • 完全在宅
  • うつ病持ち

以上3つの条件を満たした状態からここまでこれたことを考えると、よく頑張ったなと自分でも思っています。しかし、特別なことは何もしておらず、正直いって「誰でもできる」とさえ思っている次第です。

ここに至るまでのプロセスについて全てぶっちゃけた記事がこちらになるので、もしよかったら目を通して見てください。参考になる方もいるかもしれません。

亜鈴

在宅で仕事をすると、人間関係のストレスから解放されて最高です。その分大変なこともありますが、結構充実していますよ!

薬に対してのこだわりを捨てたのが功を奏した

何かを悟った女性

うつ病を患った当初は誰しも「薬なんか絶対に飲みたくない。こんなんで治るわけない。」と思ったことでしょう。怖いですしね。筆者も例に漏れずそうだったんですが、時間が立つにつれて、

亜鈴

まあ別に薬で楽になるなら飲んでてもいいや。ずっと飲むことになっても別にいい。

と薬に対してのこだわりを捨てたんですね。

これがもし、「早く薬なんてやめないと。普通の人間に戻らないと」みたいにガチガチに思ってしまっていたとしたら、多分ですが断薬はできなかったと思います。筆者はもちろん減薬に何度も失敗していますが、こんな風にこだわりを持っていた状態で失敗すると、

亜鈴

ああ、俺は減薬に失敗した。もう終わりだ。一生治らないんだ

みたいに、まるで全てが終わったかのように考えていたことでしょう。

一方、薬へのこだわりを捨てた状態で減薬に失敗したとしても、

亜鈴

また元に戻って楽になるならいいや。またいつか挑戦してみよっと

みたいに軽く考えられるんですよね。こういった何かに対してのこだわりから抜けられることは、うつ病の改善には大切なことだと思っているので、あまりにも薬に対して執着がある状態なら、それはまだうつ病の寛解は先ということだとも言えると思います。

なお、この記事を読んでいる方々の中には、医者に言われるがまま「とりあえず」の意識で処方される薬を服用している方もいらっしゃるかもしれません。筆者なりに薬物治療のメリット・デメリットについて語っている記事がこちらになるので、もしよかったらチェックしてみてください。何かの役に立てば幸いです。

【うつ病】薬物療法のメリット・デメリットについて治療に8年かけた私が解説【うつ病】薬物療法のメリット・デメリットについて治療に8年かけた私が解説

断薬後の感動は「特にない」

心が晴れやかになる紫の花

断薬に成功したらもっとこう、

亜鈴

やっと断薬できた!俺はもううつ病じゃない!

と心踊る感じなのかなとか昔は思っていましたが、断薬に成功した今の心境は全然大したことないです。嬉しさはほとんどなく、驚くほどあっさりしています。

これはおそらく、「うつ病」という病気に対してのこだわりがほとんどなくなったからだと思います。言葉で表現するのは難しいんですが、うつ病だろうとなんだろうと自分は自分なので、抗うつ薬の断薬に成功したからといって特段自分にとって何かが変わるわけではないみたいな、そんな感じ。

強いて挙げるなら、寝る前の薬を飲む時間がなくなっただけで、薬を飲まなくなったという事実がそれ以外に自分にもたらすものはきっとないでしょう。正直、どうでもいいです。自分がうつ病だろうがなんだろうが、何も気にならない。

生き方の基準を外に作ると苦しい

うつ病というのはあくまで社会が私たちに貼ったレッテルに過ぎず、うつ病ということにしておけば色々とスムーズに世の中が回せるから「うつ病」なんです。それを「薬」というものがなくなったから「うつ病じゃなくなったから嬉しい」とするのは、自分の生き方を外基準で考えてることの何よりの証拠でしょう。もちろん、単に目標が達成された嬉しさみたいなものはありますけどね。

うつ病だろうがなんだろうが、薬を飲んでいようがいまいが、生きていられるならそれでいい。こんな感じに思えるようになったことが、結果的に寛解・断薬に寄与したのかなと思っています。

断薬なんて目標にしない。薬を飲んでいてもあなたはあなた

一人思い悩む女性

ということで、非常に取り留めのない記事になってすみませんが、思ったことをそのまま書いているので許してください。こんな筆者ですが、苦しみに苦しみぬいた上での今があるので、1mmくらいは皆様のお役に立つことができる部分があるのではないかと思って頑張って書きました。

で、最後に筆者が伝えたいことは「断薬なんて目標にするな。薬を飲んでいようがうつ病だろうがあなたはあなたです。」ということです。

自分基準で生きること

筆者が断薬をしたくてたまらなかった時にいつも思っていたのは、

亜鈴

抗うつ薬を飲んでいるなんて恥ずかしくて誰にも言えない。だから早く断薬したい

ということでした。他のうつ病の方々がどう思っているかはわかりませんが、少なくとも筆者と同じような気持ちを抱いて断薬を焦っているならば、焦らずじっくりこだわりを捨てていくことをおすすめします。

ハッキリ言って、こういった焦りは症状に対して悪影響しか及ぼしません。焦りから不安が渦巻いて、結果的に症状は後退してしまうでしょう。筆者の経験上ですが。それなら、いっそのこと薬とかうつ病とかそういったことは気にしないで、自分基準で生きていくことを目指してみてはいかがでしょうか?

うつ病なんて所詮、社会や医療が作り出したものでしかありません。結局は、自分の中で何かがうまく回ってなくて、その結果生きるのに疲れてしまった状態なのですから、病気というよりは生き方の問題になってくるでしょう。ですから筆者が皆さんに伝えたいことは、

亜鈴

薬を飲んで楽なうちは飲めばいいし、楽になってきたら減らせばいい。もし減らせなかったら一生飲んでもいいんじゃない?

ということ。何度も言いますが、あなたがうつ病だって、抗うつ薬を飲んでいたって、あなたはあなたなのです。とりあえず今は飲んでおいて、肩の力を抜いて生きていく。外からの目やプレッシャーを気にせず、自分基準で生きていく。

これをしていけば、いつの間にか薬を飲んでいることや断薬がどうでもよくなってきます。こうなったらいよいよ「断薬」のタイミングなのです。

断薬はこれが基本です。無理して焦ることはせず、着実にいきましょう。もちろん、副作用が辛いとかなら話は別なので、今すぐに主治医に相談しましょう。

まとめ

断薬に成功しても、こんなにもあっさりしているものなんですね。誰かの役に立てるのかはわかりませんが、もし参考になる部分がありましたら幸いです。

当ブログでは、筆者のうつ病経験を基にした記事を随時追加しているので、もしよかったら他の記事も見てみてくれたら嬉しい。コメントなども非常に喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です